TOP > ■書籍案内

■書籍案内

膠原病や、患者会に関する書籍のご案内です。

書籍案内

●「膠原病ハンドブック」「膠原病手帳(緊急医療支援手帳)」



全国膠原病友の会滋賀支部(本部)のホームページからご注文いただけます。
膠原病ハンドブックは1,000円送料込み、膠原病手帳は300円送料80円)です。
詳しくは、
・全国膠原病友の会ホームページ:https://kougentomo.xsrv.jp/ までお願いします。

膠原病ハンドブックは、多くの専門医によって膠原病のそれぞれの疾患について丁寧に掲載され、
私たちの療養生活で気を付けるべきポイントが項目別に詳しく解説された 膠原病の参考書です。
是非お手元に置いて頂きたい一冊です。
また、「膠原病手帳(緊急医療支援手帳)」は、災害に備えることや日常の体調管理に役立つ情報満載の手帳です。
購入に関するお問い合わせは、滋賀支部にメールで申し込んでいただいても結構です。


友の会に入会されますと、機関誌「膠原」や地元支部の機関誌と共に送付されます。

●滋賀支部20周年記念誌「曙光」


  
滋賀支部20周年記念誌です。
患者と医師の本音を収集し、医療を受ける側、医療を提供する側にとって、より良い医療とはどのようなものなのか?使える制度はどのようなものか?
自分に合った医療、福祉を見つけ出すヒントがいっぱい詰まったものになっています。 
また、医療だけでなく、生活にも注目したページも多く紹介していますので、病気を抱えながらどのように暮らしておられるのか?皆さんの様子を知って頂くことができます。
病気と付き合う上で最も大切な自分の病気を知るために、膠原病についての最新情報を盛り込んだ講演についても図表を入れて掲載しました。
膠原病患者さんはもちろんのこと、医療従事者や患者さんに関わる方々、また、膠原病でなくても病気と付き合い、関わっておられる方々に是非読んで頂きたい一冊です。

全国膠原病友の会滋賀支部 創立20周年記念誌「曙光」目次(概要)
第1部 記念講演
「膠原病の現況と展望ー難病の時代から治る病気の時代へ」
京都大学医学部附属病院 免疫膠原病科 教授 三森経世先生
第2部 私の体験記録(7人の体験集)
・私が私らしく生きるために 他
第3部 より良い医療のために
「患者に出来ること、医師に出来ること」
・全国膠原病友の会滋賀支部実施 アンケート集計・分析 他
第4部 資料編
膠原病患者が利用できる制度、友の会について 他
 
2005年3月 全国膠原病友の会滋賀支部 発行
A4版 172ページ
定価 1000円(送料別)   
購入のお申し込みは
送付先住所、氏名、電話番号またはメールアドレス、申込冊数をご記入の上、メールにて、滋賀支部までお願いします。
          

●「膠原病とともに生きる」~患者として看護師として~ 菊池素子 著


SLE患者の菊池素子さんによる自伝です。
2019年7月発行 130ページ A5サイズ
一般頒価 1,000円[税・送料込]

詳細、購入希望のお問い合わせは
全国膠原病友の会関西ブロックまでお願いします。
・全国膠原病友の会関西ブロック https://kougen-kansai.org/

▲このページのトップへ